8.簡単なFX用語集|FX専業トレーダーのサイト!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

8.簡単なFX用語集

 

forex

 

FXには色々な専門用語があります。
ここでは、FXを始めるには最低これだけは知っておいて欲しいということを説明します。

 

 

証拠金

 

証拠金とは、FX業者の自分の口座に預けておくお金です。
トレーダーは、この証拠金を担保にしてFXトレードをしていきます。
トレードで勝てば、利益が証拠金にプラスされ、負ければ証拠金から損失額が引かれていきます。

 

 

ロット

 

FXではレバレッジが利用できますので、証拠金よりも大きな金額で取引をすることが出来ます。そしてトレードする時には、最低取引単位(ロット)よりも大きな通貨単位で取引をしなくてはいけません。

 

この最低取引単位(ロット)は、FX業者によって数字が違ってきます。
ある業者では1000通貨単位で1ロットのところもありますし、10万通貨単位で1ロットのところもあります。

 

初心者の方はリスク管理の一環としてできる限り1000通貨単位から取引できるFX業者からトレードを始めると良いでしょう。

 

 

必要証拠金

 

必要証拠金とは、実際にトレードする時に必要となる証拠金額です。
例えば、ドル円のレートが100円の時に1万通貨単位で取引する場合、証拠金が4万円以上がないと取引できません。(レバレッジ25倍の場合)

 

この4万円を必要証拠金と呼びます。必要証拠金は為替レートの変動によって変わってくるために、FX業者のサイト等で確認しておく必要があります。
そして、この必要証拠金以下のお金しか口座に入っていない場合はそのロット数で取引する ことはできません。

 

 

証拠金維持率

 

証拠金維持率は、実際に取引をしている時に表示される数字で、簡単に言えば、今のポジションを持つために必要な証拠金に対して、どれだけ多くの資金がFX口座に入っているかを示しています。

 

証拠金維持率は下の式によって算出されます 。

 

証拠金維持率=有効証拠金(現在の口座にある金額)÷必要証拠金×100

 

FX口座に入れた証拠金額多く、その割には小さなロットで取引すると証拠金維持率は大きくなります。 証拠金維持率が大きいということは、資金的に余裕のあるトレードと言えます。

 

また、証拠金維持率は、ポジションの含み益、含み損によって変動します。
含み益がある場合は全く問題ありませんが、含み損が膨らんでくると、段々と証拠金維持率が下がってきます。更にある一定の割合にまでが低下してくると、FX業者からメールが来ます。(マージンコール)
そして、100%を割ると、強制決済されます。これを強制ロスカットと呼びます。

 

強制ロスカットでは、トレーダーの資金を守るためにFX業者が強制的にポジションを精算します。FX業者の中には強制ロスカット代を取るところもありますので注意しましょう。

 

 

pips

 

FX関連のブログを見ると、今日は○○pips取りました!
と書かれているのをよく見るかと思います。
pipsというのは、為替レートが動く時の最小単位のことで、ピップスと呼びます。
このpipsが便利なのは、ユーロドルでもドル円でも同じようにpipsで表記できることです。

 

例えば、ユーロドルの単位はドルとセント、ドル円の単位は円なので、両方の通貨で取引した場合、いくら為替差益を稼いだかを計算するのは面倒ですが、pipsにすると合わせて計算できるので楽です。

 

そして、pipsがどれくらいの金額を示しているのかというと、円なら100分の1円、つまり1銭が1pipsに相当します。そして、ドルの場合は100分の1セントが1pips=1万分の1ドルが1pipsです。

 

つまり、「ドル円で50pips取った」とは、0.5円(50銭)の値幅を取れたことになり、
「ユーロドルで50pips負けた」とは、0.005ドル(0.5セント)の値幅で損切りをしたことになります。

 

pipsは為替レートが動く最小単位と上では書きましたが、今ではほとんどのFX業者で0.1pips単位でレートが動いています。

 

そして金額ベースの損益についてですが、例えば20pips取った!と言われても、実際にどれくらいの金額を稼いだのかはわかりません。なぜなら、トレードの損益は、pips×ロットで決まるからです。当然ロットが大きければ利益も多くなる傾向になります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加