国内業者と海外業者の違い|FX専業トレーダーのサイト!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

国内業者と海外業者の違い

店頭FXを展開するFX業者は世界中にあり、インターネットの進んだ現代では、どの国の業者でも口座を開設してトレードを始めることができます。

 

今回は、国内業者と海外業者の違いについて解説します。
(外資系のFX業者であっても、日本国内に営業所があり、金融庁の許可を得たFX業者は日本国内の法律に従う必要がありますので、国内業者となります。)

1.レバレッジが違う!

海外業者で口座を開くトレーダーの最大の理由はコレです。

 

日本国内では25倍が最大のレバレッジですが、国外に出ればそんなルールはありません。

 

業者によっては1000倍までのレバレッジでトレードが可能なところもありますから、1万円あれば、最大で1000万円分!の取引ができるということですね。

2.税制が違う!

日本国内のFX業者の場合、2012年よりくりっく365と同じ申告分離課税になったので、どんなに稼いでも税率は約20%です。しかし、これが適用されるのは国内業者のみ・・・。

 

海外業者の取引で得た利益は今でも雑所得扱いで、総合課税(累進課税)になります。

 

この場合、1年間の所得が800万円を超えると(FX以外の所得も含めて)、FXでの利益の半分が税金として持っていかれることになります。

 

海外業者だから稼いでもバレないだろう・・・と思ってもそうはいきません。
100万円以上の海外への入出金はしっかりと銀行からチェックされていますので、バレますよ・・・。

 

このため、国内業者ではレバレッジは低いけど税率も低い、海外業者はレバレッジが高い分税率も高いと言えるでしょう。

3.安全性が違う!

日本国内の業者は、2010年より顧客から預かった資金の全額を信託保全する事が義務化されていますので、もしFX業者が倒産しても我々の預けた証拠金は全て戻ってきます。

 

しかし、海外業者の場合は全てがそんなにキッチリとはしていません。
もちろんしっかりと保全している会社もありますが、それは少数派と言えるでしょう。
そのため、急に倒産したら証拠金がパー・・・・ということもありますので、しっかりと考える必要があります。

4.言語が違う!

海外業者の場合、基本的には英語が主流です。
中には日本語対応しているところもありますが、突然英語に切り替わったりすることもありますので注意が必要です。

入出金方法が違う!

国内業者の場合は、銀行振込が基本となりますが、海外業者の場合はクレジットカードが主流です。
このため、クレジットカードがない人は少し敷居が上がります。

 

また出金の際、国内業者では少し時間が掛かったたとしても出金を渋るということはまずありえませんが、海外業者ではそんなこともあるそうです。

 

せっかくトレードを頑張って利益を出したのに、難癖をつけられて出金拒否をされたら何の意味もありません。
海外業者で口座を開く際は、その辺をしっかりと調べた上で申込みましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加