NDDとは|FX専業トレーダーのサイト!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

NDDとは?

最近外資系FX業者を中心に人気が高まっている取引方式がNDD方式です。
NDDとは、No Dealing Desk の略です。

 

直訳すれば、「ディーリングデスクが無い」という意味になりますが、そもそもディーリングデスクとは何でしょうか?

まずはディーリングデスクを知ろう!

ロングエントリー!そして約定!!
今この瞬間、オレのポジションは為替市場に届いた!

 

それ、本当ですか?
実はあなたのポジションが為替市場に届かない事のほうが多いんですけど・・・。

 

一般的な相対取引のFX業者の場合、顧客であるトレーダーからの注文は、FX業者の中のディーラーと呼ばれる人たちのところで集約され、そのほとんどが相殺されます。

 

例えば、顧客のドル円のショートとロングのポジション量が等しければ、その業者としてはドル円に関しては一切の為替リスクを負っていないことになります。

 

このディーラーのいるところをディーリングデスクと呼び、この取引方式をOTC方式とかDD方式と呼びます。

 

ディーラーたちは、自社全体のポジションを見て、大きな偏りがあってリスクを取りすぎていると感じれば、インターバンクにリスクヘッジのためのカバー注文を入れています。

 

これが相対取引(DD)です。

 

実は相対取引のFX業者の中には、全くインターバンクに注文を入れない、いわゆる呑み業者というものも存在します。
つまり、為替レート自体は提携先の銀行のレートを参考にするけれども、顧客からの注文は自社内で全て処理するということになります。

 

こうなってくると完全に
顧客の損失=FX業者の利益、顧客の利益=FX業者の損失
という方程式が出来上がってしまいます。

 

また、DD方式のFX業者のディーラたちは、顧客の指値/損切りの注文は全て見えていますから、どのレートに注文が集まっているのかも一目瞭然です。

 

もし、損切り注文が集まっているところに、一瞬でもいいからレートを意図的に動かしたらどうなるでしょうか?
顧客の損切り注文が決済され、その損失分は業者の利益になります。

 

このような行為を、FX業者によるストップ狩りと呼び、2010年前までは頻繁にネット上で話題になっていました。

 

こうやって書くと、ディーラーのいるFX業者は良くないと感じるかもしれませんが、FX業者が低い固定スプレッドで手数料無しのトレード環境を提供してくれているのは、ディーラーのおかげとも言えます。

ディーリングデスクが無いFX業者とは?

NDDとはディーリングデスクが無いという意味ですので、このNDD方式を採用しているFX業者では、顧客の注文をそのままインターバンクに流します

 

当然顧客の注文する為替レートもインターバンクに直結していますので、非常に透明性の高い取引となります。

 

また、ディーラーおらず、注文をそのままインターバンクに流すという取引形態を取ると、顧客の損失=FX業者の利益、顧客の利益=FX業者の損失という方程式が完全に成り立たなくなります。

 

しかしこんなことをするとNDD方式の業者は利益を出せません。

 

業者もボランティアでやっているわけではありませんので、NDD業者は利益を出すために、スプレッドを広めにしたり、トレードの枚数ごとに決まった手数料を取ったりしています。

 

つまり、NDD方式の業者の場合は顧客の利益の有無は関係なく、顧客がトレードするほど儲かるシステムになっていると言えます。

DDとNDDのどちらでトレードすべきなのか?

まずはDDとNDDのメリットとデメリットをご覧ください。

 

DD業者

■メリット
・スプレッドが狭い
・約定力が高い
・スプレッドが固定(のところが多い)

 

■デメリット
・カバー注文が不透明
・高ロットのスキャルピングは口座凍結の可能性がある。

 

 

NDD業者

■メリット
・カーバー注文がクリア
・1回の注文で1000万通貨単位までできるところが多い。

 

■デメリット
・スプレッドが広めで手数料がある場合もある。
・実は呑んでいたりすることもある。

 

DDとNDDのどちらが良いのかと言われれば、その人によるとしか言えません。

 

DD業者のストップ狩りもここ最近は聞きませんし、高頻度で高ロットのスキャルピングでなければ、良さそうなDD業者でもいいんじゃないのかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加