9.チャートパターン|FX専業トレーダーのサイト!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

9.チャートパターン

サポート・レジスタンスラインとトレンドラインについて解説してきましたが、 今回はチャートパターンです。

 

チャートにはそれまでの値動きが記録されているわけですが、それらの値動きの中でも特徴的なパターンがあります。
パターンを認識するためには、チャートを「絵」のように見ていく必要があります。

 

チャートパターンは、非常に主観的なチャートの分析方法になるため、否定的な意見も多くありますが、よく見られる形であることは間違いありませんので、どういうものがあるのか程度は知っておいて損は無いでしょう。

 

ダブルトップ・ダブルボトム

チャートパターンで一番有名で一番良く目にすることが多いのがダブルトップ・ダブルボトムです。まずはダブルトップについて見てみましょう。

 

forex

 

上の図がダブルトップです。
まずA点までレートが上昇しましたが、B点まで押し下げられます。
その後、A点と同じ価格帯のC点まで再上昇しましたが、やはり今度も超えられずに下落します。
その後、前回止まったB点(ネックライン)を割って下げてくると、ダブルトップが完成します。

 

このダブルトップでトレードする場合は、ネックラインを割ってきたD点でショートするのがセオリーとなります。

 

実際のチャートを見てみましょう。

 

forex

 

このチャートも上の図と同じように、C点で前回高値を超えられずに下落し、前回安値のB点を割って下落していきました。
このD点を見ると、下ヒゲの長いローソク足が続いているのがわかるでしょうか?

 

このあたりは、どのトレーダーも意識しやすいチャートポイントとなっており、ダブルトップを見越してショートするトレーダーとそうは思っていないトレーダーとのせめぎ合いがあったと考えられます。

 

次は、ダブルトップの反対であるダブルボトムです。
これも考え方はダブルトップと全く同じです。

 

forex

 

このダブルボトムでは、ネックライン付近で目立った反発がないことに注目です。
反発が小さいということは、「ダブルボトムを完成させたい」トレーダーが多いという風に解釈することができます。
その後の推移を見てみると、一気に上昇していきました。

ヘッド&ショルダーズ

ヘッド&ショルダーズは別名三尊と呼ばれます。
このチャートパターンも特徴的な形ですので認識しやすく有名です。
図にすると下のようになります。

 

forex

 

ヘッド&ショルダーズは、その名のとおり頭と左右の肩から構成されます。

 

最初に上昇して左肩を形成し、一度押されてから再上昇して左肩を超えて頭を形成します。その後、再び下げるも左肩から下げたポイントがサポートとなって反転上昇し、右肩を形成します。

 

右肩形成後、サポートラインとなっているネックラインを割ってくるとこのパターンの完成となります。

 

実際のチャートではこのような形です。

 

forex

 

右肩を形成してからネックラインを割った後に下落が加速してます。
これはかなり綺麗なヘッド&ショルダーズのチャートですね。

その他のチャートパターン

代表的なチャートパターンは他にも沢山あります。
全部覚える必要はありませんが、どういったものがあるのかは把握しておいたほうが良いでしょう。

 

forex

 

このエントリーをはてなブックマークに追加