12.まとめ|FX専業トレーダーのサイト!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

12.まとめ

今回で「テクニカル分析の基礎」の最後となります。
「テクニカル分析の基礎」では、市場の価格推移の原理を解説するために、敢えてテクニカルインディケーターについては解説していません。

 

どんなテクニカル分析手段でも、最も大切になってくるのが「どこが意識されやすいか?」です。意識されやすいポイントは、売りと買いの攻防が起こりやすいポイントであり、サポートやレジスタンスとして機能しやすいポイントのことです。

 

その意識されやすいポイントについて解説したのがこの「テクニカル分析の基本」でした。

 

ここで解説した内容は非常に主観的であるため、誰が見ても同じ解釈となるわけではありません。また、同じトレーダーであっても、その時の気分や考え方、体調次第で見方が変わることもあるでしょう。

 

これが裁量を入れるテクニカル分析において「最大のウィークポイント」と言えますし、言い方によっては「経験の差が出てくる」とも表現できます。

 

しかし、この項目で解説した内容は、テクニカル分析を考える上では忘れてはいけない「基本的な考え方」であると私は思っています。実際のトレードではインディケーターを メインに使ってトレードするにしても知っておいて損は無いことだと思います。

 

様々なインディケーターを表示させて色々と検証して行き詰まったあとに、全部のインディケーターを削除して、もう一度裸のチャートに戻って検証してみるというのもアリでしょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加