インディケーター|FX専業トレーダーのサイト!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

テクニカルインディケーター

テクニカル分析の基本は、チャートを見る上で非常に大切な考え方です。
しかし、ラインを引いたり、パターンを認識するというのはトレーダーの判断によるものが大きい、「主観的」な分析手段とも言えます。

 

そのため、トレーダーの実力、その時の気分によって、チャート分析の判断がが違うこともあります。

 

こういった弱点を補うものがテクニカルインディケーターです。
テクニカルインディケーターは、複雑な相場の値動きを分かりやすくデフォルメし、相場の方向を示してくれる便利なツールです。

 

ここでは、テクニカルインディケーターの使い方や有名なインディケーターについて解説していきます。

 

インディケーター記事一覧

テクニカルインディケーターと一言で言っても、非常に多くの種類が存在します。その上、各インディケーターにはパラメーター(変...

様々な種類のあるインディケーターは、それらを上手く組み合わせることでより精度の高いトレードをする事が可能になります。ここ...

インディケーターに関する考え方は沢山あるとは思いますが、ここでは私個人の考え方について書いてみたいと思います。

移動平均線はテクニカルインディケーターの代名詞とも言えるほどメジャーな指標です。そのため、様々な種類や使い方が開発されて...

過去の任意の期間の平均を示す移動平均線自体は非常にシンプルですが、その解釈の仕方は様々です。ここではまず、移動平均線の示...

移動平均線を市場分析に初めて用いたのは、アメリカのチャート分析家であるJ・E・グランビル(1923年〜2013年)である...

グランビルの法則は、アメリカ人のジョセフ・グランビルの考案した移動平均線を使ってトレードするテクニックの一つです。グラン...

移動平均線を利用したトレード手法の中で最も有名なのが移動平均線クロスオーバーです。これは短期と長期の2つ以上の移動平均線...

移動平均線とローソク足を表示させたチャートをじーっと見てみましょう。何だか、ローソク足と移動平均線がくっついては離れて・...

GMMAとは、オーストラリアのダリル・ガッピーが考案したGuppy Multiple Moving Averageのこと...

ローソク足の表示領域を大まかに示す「チャネル系指標」の中で最も新しく、そして最も斬新なのがジョン・ボリンジャーの考案した...

ボリンジャーバンドは、標準偏差を用いて確率範囲を示す画期的な指標です。ここでは、ボリンジャーバンドの特徴をまとめました。

ボリンジャーバンドは単体だけでもかなり有用な指標ですが、このボリンジャーバンドから派生した「派生指標」というものがありま...

ADXはAverage Directional Movement Indexの略で、ウェルズ・ワイルダー氏の考案したテク...

相場の変動率(ボラティリティ)は常に変動しています。このボラティリティを見るのによく使われる指標として有名なのが2つあり...