インディケーターの考え方|FX専業トレーダーのサイト!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

インディケーターの考え方

 

インディケーターに関する考え方は沢山あるとは思いますが、ここでは私個人の考え方について書いてみたいと思います。


インディケーターに頼りすぎない

インディケーターは、複雑な相場の値動きを分かりやすくデフォルメし、相場の方向を示してくれるもので、一見すると相場の先まで予測してくれそうな感じさえあります。

 

しかし、どのインディケーターもローソク足の価格レートが計算式に組み込まれているに過ぎず、それまでの値動きを簡略化したものであることを忘れてはいけません。

 

つまり、過去の高値安値始値終値の全てが網羅されているローソク足よりも情報量が少ないのです!

 

また、多くのインディケーターは、過去の値動きを反映させた「遅行指標」です。
パラメーターの設定次第ではありますが、必ず現在の価格レートの動きよりも遅れて反応します。そのため、インディケーター的には絶好のチャンスであったとしても、それは既に遅かったということもあるのです。

まずはローソク足を重要視しよう!

順張りであれ逆張りであれ、最重要視すべきなのがローソク足です。
ローソク足の陽線が多くなれば、どんなインディケーターも上を向きますし、ローソク足の陰線が多くなれば、どんなインディケーターも下を向きます。
それまでのインディケーターの推移は、ローソク足の推移を反映したものですから当然です。

 

インディケーターがローソク足の後を追う存在であるのならば、ローソク足そのものに着目した方が効率的です。

 

こんなことを書くと、「インディケーターの存在意義は?」となってしまいますが・・・。

 

インディケーターはどう使うべきか?

長々とインディケーターに対して批判的なことを書いてしまいました。
私自身も実際のトレードではボリンジャーバンドと移動平均線を利用していますので、インディケーターを否定する立場ではありません。

 

敢えてこんな事を書いたのは、インディケーターそのものに絶大な信頼を置きすぎているトレーダーが多すぎるからです。

 

「インディケーターはローソク足の推移を反映したモノに過ぎない」
ということが言いたかったのです。

 

ではどう使うべきでしょうか?

 

私はインディケーターを補助的に使うことをお勧めしています。
メインはあくまでもローソク足で、ローソク足だけではちょっと見えにくい相場の状況や場所をわかりやすくデフォルメして判断するためにインディケーターを利用するという形です。

 

また、インディケーター同士の優先順位、もしくは用途を前もって決めておくのも大事だと思います。

 

私の場合は、ローソク足≧ローソク足上のインディケーター>オシレーター系という風にトレードの判断で使う際に優先順を持っています。

 

例えば、オシレーター的には買われすぎでロングしてはいけない状態であったとしても、ローソク足や移動平均線等が良さそうな場合はロングエントリーをするのです。

 

他にも、あるインディケーターではエントリーの時に参考にして、エグジットは他のインディケーターを参考にする、と言った使い分け方も重要です。

 

ローソク足を含めた表示させている全てのインディケーターを全部平等に使おうとすると、どうしても矛盾が生じてしまい悩む源にしかなりません。

 

上手な付き合い方を心がけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加