移動平均線を使った手法|FX専業トレーダーのサイト!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

移動平均線を使った手法

移動平均線を市場分析に初めて用いたのは、アメリカのチャート分析家であるJ・E・グランビル(1923年〜2013年)である言われています。

 

グランビルは、1960年代にグランビルの法則を考案し、この法則は瞬く間に世界中に広がり移動平均線というテクニカル分析も、一気にメジャーな分析手段として確立されました。

 

そこから移動平均線は多くのトレーダー達によって様々な解釈がなされ、沢山のトレード手法が開発されています。ここでは、移動平均を使った基本的な手法について解説していきます。

 

・グランビルの法則

 

・移動平均線クロスオーバー

 

・移動平均線乖離率

 

・GMMA

このエントリーをはてなブックマークに追加