移動平均線乖離率|FX専業トレーダーのサイト!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

移動平均線乖離率

移動平均線とローソク足を表示させたチャートをじーっと見てみましょう。

 

 

何だか、ローソク足と移動平均線がくっついては離れて・・・を繰り返しているように見えないでしょうか?

 

ローソク足のが一気に動くと、移動平均線もある程度はついていきますが、そのスピードはローソク足には敵いません。
しかし、ローソク足の動きがひと段落してくると、移動平均線がローソク足に追いついてきます。

 

そしてしばらく一緒に一緒に推移すると再びローソク足に大きく離される・・・。
こんなことを繰り返しています。

 

つまり、ローソク足と移動平均線は近づきすぎると離れ、離れすぎるとくっついてくる関係性にあります。
このような特徴を利用した手法が2つあります。

 

1.ローソク足が移動平均線から離れていく方向に狙う手法
2.ローソク足が移動平均線に戻っていく方向に狙う手法

 

1はトレンドフォローとも順張りとも言われる手法で、グランビルの法則の2番や3番も これに該当します。
そして2は相場の行き過ぎを狙う逆張りと言われる手法です。

 

話が長くなりましたが、今回の話題になるのがローソク足が移動平均線の方向へ戻っていく方向へ狙う逆張り手法です。

 

 

ローソク足と移動平均線の乖離を考える

ローソク足と移動平均はくっついては離れるという 間柄であるという話ですが、どれくらい離れたら、この二つは再び相見えることになるのでしょうか?

 

もしかしたら、「これ以上は離れられない」という距離があるかもしれません。
そのような距離を測るのに、移動平均線乖離率というものがあります。

 

移動平均線乖離率を見るには、ローソク足チャートに移動平均線を表示させるのに加えて、チャートの下に移動平均線乖離率を示すインディケーターを表示させます。

 

この移動平均線乖離率が、大きくなればなるほど買われすぎの状態、逆に小さくなればなるほど売られ過ぎの状態になります。

 

 

どの状態を「売られ過ぎ」や「買われすぎ」と判断するかはトレーダー次第ですが、うまくいけば相場の天と底を得ることができます。

大きなトレンド相場は苦手

一度離れたローソク足と移動平均線は、いつかは必ず出会う時が来ますが、その出会うときには2つのパターンがあります。

 

1.ローソク足が移動平均線に近づいていくパターン

 

このパターンは移動平均線乖離率で狙うと利益が挙げられるパターンです。

 

 

上のチャートのように、ローソク足が移動平均線を跨いで上下に大きく動くときがこの パターンです。

 

 

2.移動平均線がローソク足に近づいていくパターン。

 

このパターンは本格的なトレンド相場でよく見られるパターンで、逆張りをすると負けやすいパターンです。

 

 

このパターンでは、一度ローソク足が大きく動いたあとに、少しレンジとなることで、移動平均線がローソク足を追っていくように見えます。
しかし、移動平均線がようやく追いついたかと思うと、ローソク足は再び離れていきます。このパターンでは逆張りをしてもなかなか勝つことは出来ません。

 

移動平均線の乖離を狙った手法だけではなく、全ての逆張り手法に言えることですが、相場の状態が上に挙げたパターンのどちらになる傾向があるのかをしっかりと把握して狙っていかないと利益を出すのは難しいと言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加