ボリンジャーバンド1|FX専業トレーダーのサイト!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ボリンジャーバンド1

ローソク足の表示領域を大まかに示す「チャネル系指標」の中で最も新しく、そして最も斬新なのがジョン・ボリンジャーの考案したボリンジャーバンドです。

 

 

ボリンジャーバンドは、移動平均線とボラティリティを基にした、極めて統計学的に合理性のあるテクニカル分析ツールとして知られています。

 

ボリンジャーバンドは標準偏差を利用した指標

ボリンジャーバンドを表示させると、移動平均線とローソク足全体を包むかのようなバンドが出てきます。(下のチャートは21期間の移動平均線と2標準偏差のボリンジャーバンド。)

 

 

このバンドは、移動平均線と同じ期間のデータの標準偏差(σ)を算出し、そのσ分を移動平均線から加減して表示されています。
こうすることで、これからローソク足がどのあたりまで動くかが確率的にわかるのです。

 

市場の値動きが、標準分布であると仮定すると、
ボリンジャーバンドの±1σの範囲内にレートが収まる確率は68.3%
ボリンジャーバンドの±2σの範囲内にレートが収まる確率は95.4%
ボリンジャーバンドの±3σの範囲内にレートが収まる確率は99.7%
となります。

 

ボリンジャーバンドは逆張りに使えるか

ボリンジャーバンドの±2σにレートが到達したら、95.4%の割合で反転するということならば、ローソク足が±2σまで進んできたら逆張りすれば簡単に勝てそうです。
また、そうすることを推奨する初心者向けの本もよくあります。

 

 

しかし、そんなことをやって勝てるほど相場は甘くありません。
上にボリンジャーバンド内におけるレートの確率範囲を書きましたが、それはあくまでも市場の動きが「標準分布」であるという仮定の場合のお話です。

 

実際の市場の値動きは綺麗な標準分布を描きません。
裾幅の広がる「ファットテール」とういう現象の多く見られるベキ分布であると言われています。

 

 

 

実際にチャートを見ると±2σの範囲外をレートが進むことはよくありますし、時には±3σ外を出ることもあります。

 

 

以上のことから、ボリンジャーバンドを安易に逆張り指標として使うのは危険です。
考案者のジョン・ボリンジャーも逆張りではなく順張りに利用すること推奨しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加