ADX|FX専業トレーダーのサイト!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ADX

ADXはAverage Directional Movement Indexの略で、ウェルズ・ワイルダー氏の考案したテクニカル指標です。

 

インディケーターのジャンルとしては、メインチャートの下に表示させるオシレーター系に属しますが、一般的なオシレーターとは異なり、トレンドの強弱によって上下します。

 

例えば下のチャートでは、左端では上昇トレンド、右端では下降トレンドとなっていますが、その時のADXを見れば、どちらでも値が上昇しています。

 

 

このように、ADXは相場の方向が上でも下でもトレンドが強く出るほど角度が急で、値も大きく上昇します。逆に、相場に勢いのないレンジやスクイーズの時は、低い値をウロウロすることになります。

ADXの使い方

ADXは相場のトレンドの強弱を示す指標ですので、順張りに多く用いられてます。

 

一般的によく言われるのが、ADXが20以下の低い値を推移している状態から一気に上昇してきたら、トレンドの始まりと解釈してその方向へのブレイクを狙って仕掛けるやり方です。
そして、ADXが反転してきたらトレンドの終了とみなして利益を確定します。

 

 

ADXが反転したらトレンドの終了とみなすと書きましたが、この時必ず反転するとは限りません。
上のチャートのように、一度ADXが大きく上昇してから反転してゆっくりと下げながら推移しても、ローソク足は上昇を続ける場合があります。

 

このような状態からの押し目買い・戻り売りを狙う戦略に「聖杯」があります。
私もこの戦略を応用して手法の一つとしています。

ADXはフィルターとしても優秀

ADXはトレードフィルターとしても優秀です。

 

ADXが20以下をウロウロ推移しているときは、値動きが活発ではないと判断してトレード対象から除外することもできますし、70や80を超えてきた場合はトレンドが進みすぎている と判断して、順張り対象から外すということにも使えます。

 

実際に、トレードシステムの中にトレンドの判断基準としてADXが用いられることも多く、幅広いトレーダーに愛用されています。

ADXの弱点

他のトレンド系指標と同じく、ADXの弱点は遅行指標であるということです。それまでの値動きを反映して上下していきますので、「トレンドが出てきた!」と思える くらいにADXが上昇してきた時には既にトレンドが終わりかけていることもよくあります。

 

 

こういったダマシを避けるためにも、ADXだけに頼らずにローソク足の値動きをしっかりと見ながらトレンドの判断をすると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加