インディケーターの分類|FX専業トレーダーのサイト!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

インディケーターの分類

テクニカルインディケーターと一言で言っても、非常に多くの種類が存在します。

 

その上、各インディケーターにはパラメーター(変数)を任意に変えることができますし、色々なインディケーターを同時に組み合わせてチャートに表示させることもできますので、トレーダーの数だけ利用方法があると言っても過言ではありません。

 

インディケーターは、大きく2つに分けられます。
一つはローソク足上に表示させる事のできるもので、もう一つがローソク足の下の部分に独立して表示させるものです。

 

 

ローソク足上に表示させるインディケーター

ローソク足上に表示させるものは、英語でoverlayと呼ばれます。
これは、移動平均線やボリンジャーバンド、一目均衡表等が該当します。

 

これらのインディケーターでは、相場の「トレンド」を把握しやすくさせてくれるものが多く、トレンドに乗ってトレードしてく「トレンドフォロー」をしていくトレードで役に立ちます。

 

これらのインディケーターは、そのインディケーター自身とローソク足との位置関係や組み合わせ等を見ながら相場を分析していきます。

ローソク足の下部に表示させるインディケーター

ローソク足の下部に独立して表示させるタイプのインディケーターに多いのがオシレーターです。

 

オシレーターとは、「上下するもの、振動するもの」という意味で、実際のオシレーター系のインディケーターは相場の動きに合わせて上下していきます。

 

これらの多くが、相場の「売られ過ぎ」「買われすぎ」を示すものが多く、一般的には逆張り指標として用いられます。

どのインディケーターを使うのかはトレーダー次第

冒頭でも書きましたが、インディケーターの組み合わせは膨大な数となります。
そのため、初心者の方はどのインディケーターを使えばいいのかわからず、呆然としてしまうことでしょう。

 

インディケーターの使い方や組み合わせに絶対的な正解も間違いもありません。
しかし、実際に勝っている人のチャートを見ると、結構シンプルな事が多いのが事実です。

 

表示させるインディケーターが多すぎるということは、それだけ多くの情報を提示してくれるという意味では有利に感じられますが、それらの情報をどう解釈するのかはトレーダー次第です。自分自身では処理しきれない情報をチャートに表示させるのは自己満足に過ぎません。

 

チャートは派手になりすぎないようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加