ポジション保有期間|FX専業トレーダーのサイト!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ポジションの保有期間

ポジション保有期間については、こちらで少し解説しました。
ここでは、もう少し掘り下げて考えてみましょう。

 

まず、もう一度ポジション保有による分類を出します。

 

 

トレーダーの性格や考え方、ライフスタイルは千差万別です。
そのため、どのポジション保有期間が一番向いているのかについては、やってみないと わかりませんし、どれが絶対的に良いというものはありません。
良いところもあれば悪いところもある、と言えるでしょう。

 

ただし一般的には、ポジション保有時間が短く、トレード回数が多くなるスタイルの方が人気は高い一方で、難易度は高い傾向にあります。

 

これは、時間軸が小さくなる程「ダマシ」が多く発生することや、短期間で何度もトレードすることによる精神的な疲れの蓄積によるものと考えられます。

 

ここでは、上の表に基づいたトレード期間別によるトレードスタイルについて詳しく解説していきます。

 

 

ポジション保有期間記事一覧

スキャルピングは、数秒から数分程度でで取引が完結する非常に早いトレードです。このため、スキャルピングで利益を出すには、チ...

デイトレードもスキャルピングと同じく1日以内で取引が終了する短期トレードですが、スキャルピングと異なるのは、保有期間が数...

スイングトレードは日をまたぐトレードで、基本的には1日から1週間程度ポジションを保有します。スキャルピングやデイトレード...

ポジショントレードと長期投資は、スイングトレードよりも長い期間ポジションを保有するスタイルです。これらはテクニカル分析よ...