スイングトレード|FX専業トレーダーのサイト!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スイングトレード

スイングトレードは日をまたぐトレードで、基本的には1日から1週間程度ポジションを保有します。

 

スキャルピングやデイトレードと比較すると、個人投資家からの人気は落ちますが、比較的大きな時間足を見るためにダマシに合いにくく、比較的長時間ポジションを持つために「ポジポジ病」になりにくいメリットがあります。

スイングトレードに向いている人・向かない人

■スイングトレードが向いている人

 

・色々な通貨ペアでトレードしたい。
・資金に対して小さめのロットで沢山pipsを稼ぎたい
・毎日デイトレやスキャルピングをするほどの時間はない。
・ポジションは長く持ちたい
・忍耐強い。
・1時間足はノイズでしかないと考える人。

 

 

■スイングトレードが向かない人

 

・ポジションを持つとすぐに決済したくなる。
・ポジションを持つと、そのことが気になって仕方がない。
・トレード回数を増やしたい人

 

スイングトレードは、1時間足〜日足を使ってトレードしていきますので、スキャルピングやデイトレードと比較するとトレード回数は格段に減ります。

 

これを良しとするかどうかはトレーダー次第ではありますが、トレード回数が少ないということは、精神的な疲労も小さいというメリットにもつながります。

 

また、チャートのチェックも数時間に1回程度で十分なため、忙しく働いている方に向いているスタイルとも言えます。

スイングトレードに合う通貨ペア

スイングトレードは長い時間をかけて大きなpips(100pips以上)を狙っていきますので、利益に対するスプレッドの割合は小さくなります。

 

そのため、デイトレードやスキャルピングよりも通貨ペアを選びません。
しかし、大きな変動を避けるためにも、流動性の高いメジャー通貨を中心とした通貨ペアでトレードしていくのが良いでしょう。

重要指標発表には注意しよう

数日間ポジションを持つからといっても、雇用統計発表やFOMC発表等の重要指標時は注意しておく必要があります。
一気にレートが飛ぶ可能性もありますので、発表直前にポジションを一旦手仕舞ったり して対応しておくと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加